FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-04(Fri)

ブログ移動のお知らせ

いつも「NY 演劇留学」をご覧頂いてありがとうございます♪


突然ですが、今月2月よりブログを移動致します。

引き続きNY留学のお話などを、以下のアメブロで更新して行きます♪

http://ameblo.jp/cccnyblog/


ここ4カ月ほど、このfc2ブログとアメーバブログを同時に更新しており、どちらが見やすいのか比べていましたが、アメブロに移す事にしました☆
過去の記事は、そのまま残す予定ですので、留学をされる方などは見返して頂けると思います♪


お気に入り登録して頂いている方は、ご面倒をお掛けしますが再度ご登録をよろしくお願いします♪
そして、アメブロの読者登録もぜひよろしくお願い致します!!



スポンサーサイト
2011-01-28(Fri)

雪の日ばっかり続くNY そして勉強になる動画♪

最近、NYは雪が降っては止み、降っては止みの繰り返し。


ある天気予報によると6年ぶりの寒波らしいです。

道端も、凄い事になってますよwww


こんな状態↓
IMAG0067.jpg

自転車埋もれてますからっw


さらに、家から駅まで歩いていると、ビルの壁に着いていた氷が溶けだし、物凄い高さから落ちてくるので危険がいっぱいですw
アドベンチャーワールドみたいね。



なんてこんな雪の多い日は帰って勉強して動画観賞に限りますww
最近ハマっているのは「ガイヤの夜明け」シリーズ。(日本の番組かいっ!!)


今夜見たこの回、もの凄く刺激を受けました。


“笑い”が人と会社を救う
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview090929.html


特に、銀行にコミュニケーション力とプレゼン力を身に付けてもらおうと、お笑いの老舗(?)吉本興業がお笑い芸人をワークショップに派遣するシーンは最高に興味津々ですよ!!

こういうシンプルな事をやって、人とコミュニケーションをする術、楽しさをどんどん広げて行きたいと思っているので、かなり刺激を受けましたっ♪♪


「笑顔」って本当に大事ですよね。

NYに来て半年経った頃に出逢った、駅のホーム立つセキュリティスタッフの方。
今も、変わらぬ笑顔で電車から降りてくる人、一人一人に笑顔であいさつしています。
その人の笑顔のお陰で、駅から上がる階段の一歩一歩が軽く感じたりするんですよね。


学校でも、笑顔は超大事!!言葉が違っても、「笑い」は一緒。もちろん同じポイントで笑ったりもするしw
やっぱり笑顔が溢れるクラスは、体もリラックスするから良いパフォーマンスに繋がるんだろうなぁって思います。



この番組の最後の方に出てくる「落語家ドクター」も笑いがいかに体に影響を与えるかを研究していたそうで、やはり笑った後の方が脳の血流が良くなるそう。

頭も冴えるって事かしら♪w



「コミュニケーション能力」を最近、良く言われていますが、
基本は「笑」なんだなぁと、勉強になりました。



と言う事で、私もお笑い芸人目指して、明日もクラス頑張ってきまーす!!


2011-01-25(Tue)

スピーチのクラス

今期取ってるスピーチのクラス

母音や子音の形をしたピロー(クッション)を使って、体を動かしながらワークしていくクラスなんですが、
基本的に好きなこのクラスでも、今の先生がやっているワークに、
一つだけどーーーーーーしても乗り気れないものがありました。



それは、
「手にした子音や母音の音のクッションを体にピタっとくっつけ、音を感じ外に表現して行こう!」
というもの。


毎度、自分が何を感じるのか、ゆっくり時間を掛けていたのですが、
それを良しとしてくれず、もっとアクティブになれ!!!と言われるのです。


「この音に対して、自分がどんな風に感じ取るかは決められて感じるものじゃない。
こう自分で感じて表現していくから、“経験”として残るのに、、、」
と思っていました。


実際に、この同じメソッドのスピーチを違う先生で取っていた時、
その先生はまず、生徒それぞれが、決まった音から何を感じ、どう表現するかを尊重して、
その体験した事を体に覚えさせて行く事にフォーカスを置いていました。



なので、尚更困惑して、素直に今の先生が提供するワークを受け入れられませんでした。



そんな事が続き、今日もそのスピーチのクラス。

今日も、自分の好きな子音のクッションを取るように言われました。
私が取った子音は「(舌先を上前歯のすぐ後ろにくっつけ「ん~~~~~」と発音します)」


そのクッションをまた体にくっつけ感じるように言われました。
今回もチャレンジ!と思い、色々自分が思う「感じるまま」に動いていました。

その瞬間、先生が
「はい、まり!今モノローグやって!」
と言ってきたので、

準備してきたシェクスピア「ハムレット」からオフィーリアの一人芝居を言い始めました。

その途中、途中、幾度となく
先生:「もう一回「N」の音に戻って」
と言われ、
私:「N(ん~~~~~~)」を繰り返し、

先生:「はい、今モノローグ!」
と言うのを繰り返しました。



一通りモノローグが終わったあと、再びクッションを持って「N」を言うように言われました。。。

と、取り敢えずやってみよう、、、、という弱気なチャレンジ精神で再び発音していましたが、

合間合間に先生からの「もっとダイナミックに動いて!そんな小さい動きじゃなくて」など突っ込みが入り、
段々と私のイライラは限界に、、、、、、、、、、、

自分で感じていた「N」を表現していただけに、我慢の限界でした。


そこで私の取った行動。


そのNクッションを「ん~~~~」と発音しながら教室の壁に投げつけ、
その気持ちを持ったままモノローグをスタート。



きっと、傍から聞いたら大人げない行動でしょう。
でも良いんです(笑)気にしません。


でも、「今感じた事を使う」という事がいかに大事か改めて、感じれたこの行動。
だって、その後にクラスメイトから

「まりのモノローグ、ちっともアクセントが無かったよ!例え、古い英語で何を言っているか分からなくても、まりの感情で伝わったし、声も今まで聞いた事がないくらいのしっかりとした声だった」

と言ってもらえました。
自分でもびっくりですがww




あ、気付けばブログが長くなってきてしまいました、、、、、(笑)


まとめちゃうと、、、ww

今日のクラス最後に、一人ずつ感想を言う時間が設けられましたので、
ちゃんと今日感じた事を先生に伝えました。

私:「正直言って、モノローグの時はイライラしていました。でも、自分の今感じた気持ちを使う事がどれだけ大事か体験出来ました。先生にイライラしていたのではなく、自分と先生の違いにフラストレーションを感じていました」

先生:「それは、素晴らしい!!それが、ディレクターとアクターの間に起こる事なんだよね。アクターが何かを感じ取っているのは、私も分かっているし、見えている。でも、それだけじゃ足りないんだよ。
見ている観客一人一人に感じ取ってもらわなければいけないから、ディレクターはアクターが内に感じ取っている事を外に出すように突くんだよ。


納得しました。(笑)


やってみて、納得。
そして、自分の意見(フラストレーション)をちゃんとぶつけてみて通じ合えるんだな~と、
何だかスッキリしました(笑)




来週、また色々なフラストレーションがまだあると思いますが、
どんな事になっていくのか楽しみです♪♪



(あ~~~超無理やりなまとめでごめんなさい!!)



☆おまけ☆
IMAG0013_20110125141845.jpg
地下鉄にある赤ちゃん支援団体の広告。

「もっと強くて、健康な赤ちゃんを」

おもちゃを持っている赤ちゃんの腕が可愛い♪♪


2011-01-21(Fri)

映画撮影

12月末に受けていたショートフィルムのオーディション。

何か、大人の事情で色々あったらしく(笑)、
急遽、参加させてもらえる事になり、
10日程前にそのお知らせをもらって、

4日間のリハーサルを経て、
2日間の撮影が本日終了しましたーー!!!




もう、私のキャパが小さいもんで、
何か「結果」を直ぐに出さなければいけないものに遭遇すると、
なーーーんにも手が着かなくなります。

Such as(例えば)。。。
部屋の片づけ。
弁当作り。
趣味で受けてるクラス。
そして、ブログ(笑)


放置も、放置でしたねwww


ここ10日間、Script(台本)をもらってからは、
一日中動いて帰ってきては、必死にひたすらリハーサルしてました。
友達との約束をキャンセルしてまで、、、、w


なぜかって、動画撮影は、これで4回目(少なっ!!www)
そして初映画!!!
っつーーーことで、必死です(笑)


でも、緊張もしたけど、
なかなか楽しくて、素晴らしい経験でした。


ディレクターの意図を理解する力は、
演技が出来る事とはまた別のものだなぁと、実感出来たw


何回も何回も同じシーンをする映画は、本当に体力勝負ですね。
あと、集中力を失わないようにするのも大事。


でもでも、チームで作っている感じが現れるのも映画撮影の醍醐味なんだなぁ、と一番感じました。

カメラマンや監督、ライティングのスタッフが最後まで妥協せずにベストなコンディションを作り上げて、
役者はそこに少しスパイスを加えるっていう図式が見えましたww


来週には、編集が終わりスクリーニングをするそうなので、
楽しみだけど、自分の顔を見たくないので怖い気もしますwwww



CIMG3433.jpg
Tribecaにある風船屋さんの前で。




2011-01-09(Sun)

オペラ「カルメン」

Met Operaでオペラ「カルメン」を観てきました~!

IMAG0051.jpg

ニューヨークで必ず観ておきたかった舞台の一つで、
とても思い入れがあるオペラ「カルメン」。


実は、熊本で2年前に「オペラ・カルメン ハイライト」に合唱団として出演した事があります。
とってもお世話になっている声楽の先生が、一般市民から合唱団を募り、ソリストは東京からプロを呼びプロデュースされた舞台。
初めてのオペラ、初めての大舞台だったので、とーーーーっても思い入れがあるんです



でも、実際に「カルメン」を生で観た事がなかったので、
オペラ「カルメン」千秋楽日に観てきました♪

カルメン役のAnita Rachvelishviliさんは、このカルメン役でMetオペラデビューだそう。
デビューという事が信じられないほど、とても存在感のあるカルメンでした。
声も、半端なく大きく、他のソリストよりも秀でていました。
それも、そう。ミラノ・スカラ座でカルメンをされていたそう。ハリのある声でしたよ!




IMAG0050.jpgそしてさすが、Metオペラ!!!!!!
舞台が豪華ですね~!
第3幕と第4幕の間のintermission(休憩)が40分という長めだったのですが、幕が再び上がって納得しました。

第4幕では、カルメンとその仲間達が、密輸をしようと国境の岩陰に集まっているのですが、
その岩陰のセットが、なんとビル4階立てくらいの高さに、両面使い出来るように回転セットになっていました!!






そして、ラストシーンもとってもユニークな演出でした!!

カルメンの新しい恋人・闘牛士のエスカミーリョが牛と闘っている闘牛場の裏で、
元恋人・ホセに刺される、有名なラストシーン。


大概のラストシーンは、その場面で終わるのですが、
Metオペラは違いました。

その闘牛場の裏側だったセットが回転し、観衆と、牛を取った瞬間のエスカミーリョと横たわる牛が、真っ赤にライティングされてフリーズしていました。


まるで、エスカミーリョが殺した牛と、カルメンの死が重なっている様。。。



4時間弱の長舞台でしたが、飽きる事なく観れました。
いやぁ、カルメン面白いです!!


「カルメン」の曲は好きなものが多いのですが、
その中でも、ホセとその婚約者・ミカエルが郷里を想って歌うの曲は、本当にきれいです!!











プロフィール

CCC代表 まり

Author:CCC代表 まり
Creative Communication Company代表。

熊本にて
英語劇サークル
I with C in Kumamoto
を立ち上げ、その後「Creative Communication Company」というグループに発展。


CCCホームページ

現在、熊本のメンバーと一緒に英語劇・インプロ活動を行っています。

将来は、熊本を中心に「英語劇」というジャンルを広げるのが目標です。
それまでに、NYにて演劇活動を思いっきり行ってきたいと思っております。


ときどきつぶやいています@Twitter
http://twitter.com/miyamari


ご質問などお気軽にメール下さい。
(常識のある方のみ、お返事させて頂きます)
【mail】mari.cccny@gmail.com

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
Recommended Websites
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。